月額が定額の方がいい

ウォーターサーバーというと、飲む水を毎回毎回購入しなければいけないというのが基本になっています。
それは、ウォーターサーバーにセットする水が毎回決まっているからですし、水を定期的に購入するからウォーターサーバーのレンタル料が無料になっているところが多い、というのも理由の一つに数える事が出来るでしょう。
しかし、そうなると水の使用量に応じて当然水の注文頻度や量も増え、値段もどんどん上がっていきます。
なので、使用量の多い家庭や数の多い家庭にとってはウォーターサーバーは結構な料金になってしまうんですね。
そういう場合は、月額定額のウォーターサーバーを使うというのも一つの手段です。

飲み放題の月額定額ウォーターサーバー

最近では、ウォーターサーバーも水を毎回購入するのではなくウォーターサーバー自体の代金を月額で支払う代わりにそれ以上はお金がかからない、定額制のものというのも増えてきているのです。
それは、いわゆる水道直結型のウォーターサーバーというもので水道水を直接濾過するウォーターサーバーで水は水道代だけで賄えるというタイプのものになっているんですね。

水飲み放題の定額制は便利

ウォーターサーバー、というより濾過装置のようなものでこちらを設置することで水道水をミネラルウォーターに変換し手軽にいくらでも飲むことができる、というのが定額制の利点です。
RO水のような水を自宅で作ることができるのです。
月額でのウォーターサーバーのレンタル料だけを払い、水代は全部水道代だけになりますので、いくら使ってもウォーターサーバーの方にお金がかかることはないというものになっています。
しかも、浄水器と違って冷水と温水をすぐに出せるウォーターサーバーの利点はそのまま使えます。

飲み放題のウォーターサーバーはレンタルが一番

家庭で、水を飲むときにミネラルウォーターを毎回購入していると本当に毎月かかるお金が馬鹿になりません。
ペットボトル1本100円だとしても、1日3本も飲んでいれば1カ月で10000円近くの値段がかかってしまいます。
しかし、水道直結のレンタルウォーターサーバーなら毎月かかる代金はせいぜい5000円もしないくらいと半額以下にお金を抑える事が出来るけど、水道感覚でミネラルウォーターを飲むことができる、という利便性があるのです。
しかも、かかるお金も月額定額だけにすることができますので水を一杯飲む人でも水代がたくさんかかるということはないんですね。

レンタルウォーターサーバーはレンタル料だけ

さらに、こう言った水道直結タイプのウォーターサーバーのいいとろこは月のレンタルでかかるお金以外は一切かからない、というところが大きなメリットだと言っていいでしょう。
工事費は勿論、濾過装置のカートリッジなどの交換もお金がかからず全部無料で行うことができるようになっているのです。
メンテナンスなども不要で、こちらもお金がかからないし毎月の決められたレンタル代金しか払わなくていいというところがとてもリーズナブルでいいですね。

水道直結のウォーターサーバーの仕組み

こちらは、自宅の水道と接続して工事をすることで水道から直接水を引っ張ることができるようにするんですね。
そして、サーバーのタンクに自動で給水をすることでいつでも使うことができる、というような仕組みになっています。
そして、この給水も際限なく行われるものではありません。
サーバーのタンクがちゃんと一杯になったときは給水がストップしますので水道代が延々かかってしまう、なんてことにはならないので安心ですね。

水道から水を引くタイプのウォーターサーバーについて

水道水を使う、というもの自体はほかにもたくさんあるのですが例えばウォーターサーバーにいちいち毎回水道水を注がなくてはいけないという手間がかかるものも結構あるんですね。
しかし、水道直結の楽水というウォーターサーバーでは水道と工事で接続さえしてしまえば、給水作業も全自動で行われるようになっているので水のセットも必要なければ給水作業も必要ありませんので、手間がかからないというところがとても便利です。
さらに、水をいくら使ってもそれは全部水道代で計算されますので通常の水を使う代金と一切変わらないままミネラルバランスがよく美味しい水を使い放題で飲むことができる、というメリットがあるのが水道直結タイプのウォーターサーバーであり定額制の特徴です。

まとめ

ウォーターサーバーの最大のデメリットは何といっても水を使えば使うだけお金がかかるというところでした。
なので、出来るだけ飲料用だけにとどめたり料理に使うにしても最低限の使用量に収めるようにするというような形にすることが殆どでした。
しかし、この定額制ならばそんな心配は一切いらず普通の水道水と同じ感覚でRO水を使い放題で使うことができるので料理などにも気軽に使うことができます。

ウォーターサーバー 比較 ランキングを見てウォーターサーバーを利用したい人はこちらから